ニキビの原因ナビ - できる場所別の改善法とは?

 

あなたは今、繰り返しできるニキビに悩まされていませんか?「青春のシンボル」と言われる思春期にできるものから、大人になってもなおできるものまで、私たちを悩ます吹き出物はとても厄介ですよね。おでこや鼻、頬、アゴ、デコルテや背中にまで、様々な場所にできるから男女を問わず悩みの種だと思います。

 

しかし、そもそもにきびは、できる場所によって原因やお手入れ方法が異なる事を知っていますか?おでこや頬、鼻、デコルテ、アゴなど、あらゆる場所にできるので厄介なんですが、それぞれ場所ごとに発生するきっかけが異なる上にスキンケアの方法までも違うんですよ。なので、それぞれに合った治し方をしないと逆に悪化してしまう事があるので注意が必要です。

 

それから、カラダから必要以上に分泌される脂だけが、元凶ではないという事も知っていいるでしょうか。実は、脂性だけでなく皮膚が乾燥しがちな方であっても、吹き出物ができてしまう要素を持っているんですよ。これは吹き出物だけでなく、どんな皮膚トラブルでも乾燥や脂が良くないのと同じ事ですね。

 

また、思春期にできる物と大人になってできる物とでは、発生要因が異なるという事も知っていますか?思春期の頃はおでこや頬、鼻に多くできるものが、大人になるとおでこよりもアゴやデコルテに多くできるようになってくるんです。よって、学生時代と同じ対処法をしていたのでは、アゴやデコルテにできる大人にきびは治らないという事です。

 

そのため、まずはご自分のニキビの原因を知ることから始めるのが大切ですね。それと、普段のお手入れ方法も正しく行なえているかどうかが重要になるので、今一度ご自分のお手入れ方法を見直してみましょう。いくら脂っこい食べ物や規則正しい生活を心がけていたとしても、洗顔方法や使用しているコスメが合っていなければ全く意味が無いですからね。

 

例えば、乾燥肌だからとクリームや乳液をたっぷりと塗布している方は、ニキビの治し方としては良くないですね。同じ乾燥肌であってもニキビができている場合には、油分が多いクリームや乳液を多く使うことはお勧めできないんです。そういう場合には、ニキビ対策用のコスメを使用するのが良いと思いますよ。

 

その他考えられるニキビの原因としては、油分が多い食べ物を沢山摂っていたり、寝不足が続いていたり、アルコール摂取が多い事なども挙げられますね。昔の食べ物と今の食べ物を比べると、食の欧米化が進んでいることで油分の多い食べ物が増えてきたので、要注意ですよ。また、大人ニキビの多くはストレスが関係していたりもします。

 

背中にできるものについては、やはり背中という事もあって服の摩擦が関係していたり、温度変化でムレが生じたことで背中ニキビが引き起こされるようですね。これについては、気候に合わせた服装を選ぶと共に、ムレないようにタオルでこまめに汗を拭く事で改善できると思います。

 

背中は、おでこや鼻などのように自分では見えないからとついついお手入れを怠りがちですが、夏場は特に他人から見えやすい場所なので気を付けておきましょうね。このように、厄介なニキビには様々な原因が考えられます。ですが、改善方法についても様々あるので、あなたに合った治し方を試してみてはいかがでしょうか。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

 

原因菌について


あなたは、ニキビの原因を知っていますか?

 

そもそもニキビの原因は、アクネ菌という菌によるものです。

しかし、アクネ菌が発生するまでにはいくつかの段階があります。

 

まず、第一段階としておでこや鼻などの毛穴の角質が厚くなります。

 

毛穴の出口はとても狭いので、角質が厚くなる事によってすぐに出口がふさがれてしまうことにあります。

 

そうなると、皮脂が出ていかずに溜まった状態になって詰まってしまうんですね。

 

その毛穴の出口が脂で詰まった状態を、コメドと言います。

 

コメドには、オープンコメドとクローズコメドがあります。

 

オープンコメドは、見た目でもはっきりわかるような黒いブツブツの状態です。

 

黒ニキビとも言われているものですね。

 

一般的には鼻に多く見られるものになります。

 

一方クローズコメドは、炎症が悪化しやすいので注意が必要になります。

 

見た目では気づきにくいので、知らないうちに悪化してしまいがちなんです。

 

触ると固い感触を感じるようなら、悪化している可能性がありますね。

 

コメドができるとそこにアクネ菌が発生してしまうので、これが結果として吹き出物を発生させてしまう親玉となります。

 

アクネ菌が増殖すると、炎症を引き起こしてしまいます。

 

炎症になると赤くなるので、赤ニキビと呼ばれるものになりますね。

 

その炎症を抑えるために白血球が動き出し、アクネ菌とぶつかって膿ができます。

 

それらがぶつかることによって毛穴の壁が壊れてしまい、毛穴付近に痛みを伴う炎症が引き起こされる場合があります。

 

それら痛みを伴うにきびは、触ると固く熱を帯びているものです。

 

炎症が治まると痛みは治まりますが、痕が残ってしまうことがあるのでとても厄介です。

 

関連サイト

草花木果どくだみ口コミ悪い?トライアル体験中!【@コスメは嘘?】
草花木果どくだみトライアルセットって正直どうなの?実際に注文して使った私が口コミ感想を写真付きで掲載中!大人ニキビや跡にも良いの?@コスメや楽天の口コミの真偽を確かめてみませんか?
www.sokamocka-dokudami-review.com/

 

増える要因とは?


ニキビが増える原因は、過剰な皮脂分泌にあります。

 

皮脂が過剰に分泌されてしまうことで毛穴に詰まってしまい、そこにアクネ菌が発生して炎症が引き起こされて吹き出物となります。

なので、顔に浮き出た脂をそのままにしていたりすると、どんどん増えてしまいますね。

 

よって、おでこや鼻、頬などに浮き出てしまった皮脂はきちんと洗顔して洗い流すようにしましょう。

 

しかし、このとき洗いすぎてはいけませんよ。かえって皮膚を乾燥させて、皮脂分泌を過剰にさせてしまうからです。

 

洗顔は多くても、1日に2〜3回にとどめるようにしておきましょう。

 

それから、増える要因は食生活にもあるかもしれません。

 

糖質が多い食べ物、脂質の多い食べ物を摂り続けるのは良くないんですよ。

 

どちらの食べ物も皮脂の材料になってしまうからです。

 

脂分の多い食べ物は肌に良い影響は与えないので、まずは脂分の多い食べ物の摂取を控えて、体の中から吹き出物ができにくい状態を作っていく事が大切ですね。

 

その他、あなたのスキンケアにも増える要因があるかもしれませんよ。

 

おでこや鼻、頬などに過剰に皮脂が分泌されているというのに、乳液やクリームで油分を補給していては症状を悪化させるだけです。

 

もう肌には十分すぎるくらい油分があるのだから、これ以上補給しないようにしましょう。

 

乳液やクリームよりも、化粧水やノンオイルジェルでスキンケアをすることをお勧めします。

 

ただし、肌が乾燥してしまう時には、適宜クリームを使用しても構いませんよ。

 

ストレスもまた要因を作ってしまうので、ストレスを溜めない生活も心がけていきましょうね。

 

ニキビ - Wikipedia
ニキビに関するwikipediaの説明。ニキビとは、皮膚の炎症性疾患。顔・胸・背に見られるものは、医学的に尋常性ざ瘡という。
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%83%93